2018.08.10 08:35

四万十ドラマ初の直営店 高知県四万十町 流域食材でスイーツ

四万十川を望む国道381号沿いに完成した「とわ」(左側)=四万十町十川
四万十川を望む国道381号沿いに完成した「とわ」(左側)=四万十町十川
CF活用 8/11オープン
 高知県高岡郡四万十町十和の地域商社「四万十ドラマ」(同町広瀬、畦地履正社長)の直営店「とわ」が8月11日、四万十川を望む同町十川の国道381号沿いにオープンする。フリースペースとテラスを備え、物販所では流域の食材を生かしたスイーツなどを販売。中野千里店長は「四万十のものにこだわり、地域の人々が集う場にしたい」と話している。

 同社は、道の駅を10年間運営して培ったノウハウを生かそうと初の直営店を計画。ネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を活用し、「株式会社十和おかみさん市」の直販所「十和の台所」の隣に建設した。

 店舗は平屋建て91平方メートル。特産の紅茶やほうじ茶を使ったプリンとブシュカンのシャーベット、川エビコロッケなどを販売する。飲食もできる25席分のフリースペースを設け、テラスからは「こいのぼりの川渡し」で知られるこいのぼり公園も一望できる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会高幡


ページトップへ