2018.08.09 08:35

家庭学習こつ伝授 「勉強しなさい」必要 酒井勇介さん高知で講演

家庭での学習の習慣化などについて話す酒井勇介さん(7月16日、高知市の「かるぽーと」)
家庭での学習の習慣化などについて話す酒井勇介さん(7月16日、高知市の「かるぽーと」)
 夏休み。子どもたちは学校での授業から解放されるひとときですが、生活リズムが変わることで日々の学習習慣が途切れがちになる時期でもあります。

 夏休みに限らず、家庭学習の積み重ねは学力アップへの近道。とはいえ、家では集中して勉強できないという子どもたちも多くいます。どうすれば、家で自然と勉強に取り組めるのでしょうか。

 そのこつを教えてくれたのが、家庭教育プロデューサー、新聞学習プランナーなどの肩書を持つ酒井勇介さん(56)。7月15、16の両日、土佐市と高知市の2会場で開かれた講演会「家庭で身に付けたい学習習慣と教科別勉強法」(高知新聞社、高新会主催)で、約500人の親子連れらに、家庭での学習習慣化の重要さや、知的好奇心を刺激する会話のこつ、学習効果を高める新聞の活用法などを説明してくれましたので、その内容を紹介します。

親の「勉強しなさい」必要
 保護者の皆さん、家でお子さんに「勉強しなさい」って言ってますか? これ、子どもが勉強に向かうためには必要な言葉です。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会教育高知中央


ページトップへ