2018.08.08 08:40

高知の夏! 第65回よさこい祭り 出場206チーム紹介


《ま》
【まいや】 60人、8回出場
 発足当初から正調よさこいを大事にしてきました。今年は赤がイメージカラー。隊列が入れ替わり、赤や黄色の鮮やかなコントラストを生み出します。

【枡形】 42人、2回出場
 升形を冠したチームとしては昨年8年ぶりに“復活”。白と黒のシックな衣装と舞踏の要素を盛り込んだ緩急のある振り付けは見る人の心を離さない。

【松山よさこい風舞人】 40人、12回出場
 曲中には松山市の伝統芸能である「野球拳」の歌詞が入っています。お客さんとじゃんけんをして、一緒に盛り上がれるのを楽しみにしています。

【祭三代・IKU!】 130人、★初出場
 激しさを表す「動」、艶やかに踊る「艶」、子どもたちの「童」の3種類の踊りが1曲の中に同居。世代を超えて一つになり祭りを楽しみます!

【纏り衆 縁陣】 20人、4回出場
 松山市を拠点に結成したチーム。恒例の、鳴子だけではなく体をたたいて音を鳴らす「ボディクラップ」も。みなさんもぜひご一緒に。

【祭人衆~まつりびと~】 54人、17回出場
 テーマは「躍心」。祭りに向けたワクワクする高揚感を表現。「ソーレソレソレ!」の掛け声でお祭りを盛り上げましょう!

【纏り家・尽―Maturiya・Jin―】 80人、14回出場
 土佐の海、風、月を、青を基調に表現。背中に満月をあしらった衣装で力強く踊ります。鳴子は朱色の昔ながらの鳴子。桂浜で一緒に月見を楽しもう。

【万々商店街 万々歳】 116人、39回出場
 万々商店街に感謝を込めて。きれいにそろった一体感ある踊りを見てください。笑顔の花が咲き乱れますように。

【丸亀ごんな連】 50人、11回出場
 復活から5年目の今年は「Go for it!!」をテーマに新しいことに挑戦します。赤い竹うちわと鳴子のコラボもよろしく。

【ミヤタジュクJAPAN】 100人、13回出場
 テーマは「電光石火」。全体的に明るくポップ、後半はファンクな音楽。イキでかっこよく、時にキュートな踊り。衣装はチーム史上で一番カワイイ。

【夢源風人】 100人、17回出場
 高知好きが集まったチーム。今年はお客さんと一緒によさこい節を歌いたい! 正調節が流れたら、後に続いてご唱和ください。一体感を楽しみましょう!

【無国籍】 120人、29回出場
 今年でチーム結成30年。正調よさこい踊りをベースとした、これぞ高知のよさこい祭り!と思われるような踊りと、全力で振るフラフにご期待ください。

【めごみ―明神林業―】 50人、3回出場
 テーマは「彩」。空と仁淀川の青さのように鮮やかに彩ります。仁淀ブルーの衣装で、手を「8」の字の形でひらひらさせて、仁淀川の流れを表現します。

【本山さくら】 50人、40回出場
 40周年、皆さまへの感謝の気持ちを込めて。曲や振り付けはチームの歴史を振り返る構成に。今回で活動休止となりますが、未来への思いを託して…。

《や》
【やいろ】 90人、8回出場
 高知で踊るのは今年で最後。初参加の時のようにヤイロチョウをイメージした衣装で、明日へ向かって踊るやいろの姿を見逃すな。

【YAMAKIN EVA連】 84人、2回出場
 「飛翔」をテーマに、ダイナミックな演舞で笑顔を届けます。「エバ、エバ、フォーエバー」のかけ声にも注目。

【山口大学よさこいやっさん!!】 95人、5回出場
 みんなが「家族」のようなチームを目指しています。「明治維新」を題材に迫力と疾走感、また維新後の世界をポップな音楽で表現します。

【結sin―笑縁福来―】 40人、★初出場
 よさこい好きが仲間を誘い合い結成された異業種の集まりです。和と洋が混じったテイストの曲調で、こだわりの生バンド演奏にもご注目!

【梼原】 80人、16回出場
 今まで踊り子と共に出演していたタイが、今年は大きくなって立派なお姫様になりました。タイといえばえびす様。かしわ手を打って舞い踊ります。

【陽】 66人、13回出場
 土佐高校出身の大学生チーム。今年のテーマは「大正浪漫」。明快な踊りとともに和のイメージを表現します。

【よさこい縁連~彩翔~】 43人、2回出場
 メンバーを結ぶ「輪」をあしらった右袖を広げる姿はまるで飛び立つ鶴のよう。地元愛媛県新居浜市のイベントなど舞台を重ねてよさこいへ挑みます。

【よさこい演舞連 ほろろ】 120人、7回出場
 よさこいのために集まった各県の仲間たち。ほろろの持ち味を生かした激しくてエネルギッシュな踊りに、赤と青のきらびやかな衣装がよく映えます。

【よさこい柏紅塾】 36人、6回出場
 「蒼天」をテーマに明るく踊ります。衣装は背が青で、前が赤。踊りで色が映えるようにしました。地方車には夏らしくヒマワリもあしらいました。

【よさこい国際交流隊】 150人、20回出場
 パラグアイやアルゼンチンなど約20カ国から踊り子が参加。当日参加の外国の方もいるけど、とにかく楽しく踊っているところを見てください!

【よさこい塾・ありがた屋】 70人、6回出場
 高知に生まれたかった―。高知の夕暮れ、にわか雨の後に花火が空いっぱいに打ち上がる情景を踊りで描きます。段ボールの手作り地方車も見てほしい。

【よさこい職人衆 祭仁】 50人、5回出場
 縁日で花火が上がってる場面から、和太鼓の力強い踊り。歌謡曲も織り交ぜて大盛り上がりに。祭りの神は何でもあり。たくさんのお祭りをご覧あれ!

【よさこいチーム炎~ほむら~】 120人、18回出場
 テーマは「虹」。歌詞に色を盛り込んでいます。恒例の激しく速い振り付けは必見です。お客さんをほむらの世界観にひきこみます。

【よさこい鳴子連 今日一屋】 39人、6回出場
 愛知県を中心とした若手中心のチーム。口説く男、あしらう女。色恋の駆け引きを艶っぽい舞と踊りで表現。観客を陶酔の世界へいざないます。

【よさこい連 伊呂波】 32人、14回出場
 毎年新しいことに挑戦する岡山県井原市のチーム。今年はロカビリー調の生演奏に乗せ、編みがさとハンチング帽をかぶってクールに決めます。

【よんでん】 130人、56回出場
 純信とお馬の物語をテーマに、伝統的な正調節に合わせ男女の恋物語を表現。女性のしなやかさと男性の力強さを兼ね備えた踊りにご注目ください!

《ら・わ》
【り組】 80人、15回出場
 巡り巡って移動式独立国家「レゴミー共和国」の国家元首となった「りぐみ太郎」。七つの海に笑顔を届けるべく、踊り子の国民と共に踊ります。

【立正佼成会高知教会】 80人、53回出場
 イケメンぞろいの旗衆を先陣に、緩急を付けた和風ポップな音楽に合わせキレよく踊ります。テーマは「維新」。一人一人が前向いて最後まで駆け抜けます。

【RINN】 60人、15回出場
 今年のテーマは「SkyBlue」。主人公がドラゴンと共に、空を取り戻すファンタジー仕立ての歌詞と曲に注目。歌姫、樹奈も参加します!

【Rouce(ルーチェ)】 100人、3回出場
 踊り子の前で和太鼓をたたき、レゲエ歌手が歌って盛り上げる。男らしく、女らしい、にぎやかな踊りを魅せます。去年よりももっと楽しく!

【輪舞】 70人、2回出場
 よさこいの異端児見参! 奇抜でど派手な衣装の「傾奇者(かぶきもの)」たちが、激しい演歌ロックに合わせて乱舞する。レインボーデザインの旗振りにも注目!

【早稲田大学“踊り侍”】 130人、14回出場
 演舞名は「POWER(パワー)」。最高の仲間が生み出す力で誰かの力になりたい! ロック調の曲間は見せ場の一つで、掛け声と足音だけの無音状態に。

【早稲田大学よさこいチーム東京花火】 146人、13回出場
 テーマは「大正浪漫」。鹿鳴館で踊っているような三拍子のワルツが見どころ。和洋を織り交ぜた衣装と振りと、段々と盛り上がる曲調をご覧あれ。

関連記事

もっと見る



ページトップへ