2018.08.06 08:45

まんが甲子園、高知商業が優勝 県勢19年ぶり

7度目の出場で初の栄冠に輝いた高知商業高のメンバー(5日午後、高知市の「かるぽーと」=反田浩昭撮影)
7度目の出場で初の栄冠に輝いた高知商業高のメンバー(5日午後、高知市の「かるぽーと」=反田浩昭撮影)
高知工業、土佐女子も入賞
 第27回全国高等学校漫画選手権大会「まんが甲子園」の決勝戦が8月5日、高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」で行われ、7度目出場の高知商業高が初めての最優秀賞に輝いた。県勢Vは1999年第8回大会の高岡高以来19年ぶり3度目。高知工業高はまんが王国・土佐推進協議会会長賞、土佐女子高は三菱電機賞を受賞した。

 決勝戦のテーマは「永久機関」。1次競技を突破した16校と敗者復活戦を勝ち抜いた5校が、制限時間の5時間半いっぱいまで頭をひねり、ペンを振るった。

【入賞作品はこちら】

 仕上がった作品は、シリアスな社会風刺から、コミカルな動物ネタまでバラエティー豊か。表彰式で牧野圭一審査委員長は「上位作品は皆さん、なるほどと思われるに違いない。内容が良かった。難しいテーマだったが、『機関』という言葉をいろんなふうに解釈した作品が多かった」と講評した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会主要まんが甲子園まんが


ページトップへ