2018.08.05 08:31

県外DMATと連携確認 高知県内の地震想定し受け入れ訓練

重症患者に対応する県外のDMAT隊員 (4日午後、南国市の高知大学医学部付属病院)
重症患者に対応する県外のDMAT隊員 (4日午後、南国市の高知大学医学部付属病院)
 南海トラフ地震の発生を想定し、県外から支援を受けながら医療態勢を確保する広域訓練が4日、県庁や県内各地の災害拠点病院などで行われた。強い揺れや津波で広範囲が被災することを想定し、県外の災害派遣医療チーム(DMAT)を受け入れ、幅広い医療関係者が連携して被災者に対応する手順を確認した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ