2018.08.03 08:38

高知商業 甲子園初戦は山梨学院 大会2日目第1試合

対戦が決まり、握手で健闘を誓い合う高知商業・山中大河主将=右=と山梨学院・清水雄登主将(大阪市のフェスティバルホール=山下正晃撮影)
対戦が決まり、握手で健闘を誓い合う高知商業・山中大河主将=右=と山梨学院・清水雄登主将(大阪市のフェスティバルホール=山下正晃撮影)
 第100回全国高校野球選手権大会(5日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会は2日、大阪市のフェスティバルホールで開かれ、12年ぶり23度目出場の高知商業は、第2日第1試合で山梨学院と対戦することが決まった。
 
 山梨学院は3年連続8度目の出場。タイプの違う左右の4投手を抱え、山梨大会の5試合とも継投で勝ち抜いてきた。打線も5試合で計50得点と爆発力がある。
 
 史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)は、第2日第2試合で2016年に全国制覇を達成した作新学院(栃木)と対戦する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ