2018.08.02 08:38

高知県勢のMVP決定 第100回全国高校野球大会開催記念

 高知新聞社が、夏の全国高校野球選手権大会が100回目を迎えることを記念し、募集していた高知県の歴代球児の「投打のMVP」が決まりました。投手1位は渡辺智男(伊野商業)、2位が中西清起(高知商業)、3位が光内数喜(高知)。打者1位は杉村繁(高知)、2位が玉川寿(土佐)、3位が森岡良介(明徳義塾)。以下、投打ともに、春夏の甲子園や県大会で大活躍した、往年の名選手の名前が並びました。皆さんの推薦理由とともに、ランキングを紹介します。たくさんのご応募、ありがとうございました。
 ◇   ◇ 
 はがき、ネットで1人1票として投打の各上位3人を募集。県内外の12~84歳の方から応募がありました。応募総数は129通。総合順位は1位5点、2位3点、3位1点で集計し、決定しました。明らかな組織票は無効とさせていただきました。

◆高知県内監督が選んだMVP◆
(選手の所属は当時、敬称略)
 ことしの高知大会に出場した監督が選ぶ、投打のMVPは? 私情を挟まないよう「教え子以外」を条件に、声を集めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ