2018.08.02 08:10

第30回黒潮マンガ大賞 審査評&インタビュー

「どうしますか、この作品」と吟味する(左から)八巻和弘さん、村岡マサヒロさん、西原理恵子さん、くさか里樹さん(高知新聞社=山下正晃撮影)
「どうしますか、この作品」と吟味する(左から)八巻和弘さん、村岡マサヒロさん、西原理恵子さん、くさか里樹さん(高知新聞社=山下正晃撮影)
準大賞2点は安定評価 異例の展開で急きょ独自賞
 第30回を迎えた今回の黒潮マンガ大賞。各地から97人102点の力作が寄せられた。審査は昨年から加わった村岡マサヒロさんと、西原理恵子さん、くさか里樹さん、八巻和弘さんの計4氏で実施。ずばぬけた作品は見当たらず、大賞は4年ぶりの選出なしとなった。それでも審査ではさまざまな見方がぶつかり合い、安定した評価を得た2作品が準大賞。また独自の賞を急きょ決めるなど、異例の展開に。叱咤(しった)激励がこもった審査経過を紹介する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ