2018.08.01 14:35

よさこいに最適!! 高知で鳴子柄「丸亀うちわ」販売

赤、黄、黒の3色ある「鳴子うちわ」=手前
赤、黄、黒の3色ある「鳴子うちわ」=手前
土佐和紙使用し工芸作家が考案
 暑い夏、よさこい祭り本番にもいかが―。鳴子柄に染めた土佐和紙を使った香川県丸亀市の伝統工芸品、丸亀うちわが、高知市杉井流の「Studio紙音(しおん)」に並んでいる。

 丸亀は国内9割のシェアを占める日本一のうちわ産地。丸亀うちわは職人が一つ一つ手作業で作り、「伊予竹に土佐紙貼りてあわ(阿波)ぐれば讃岐うちわで至極(四国)涼しい」と歌われるほど、土佐和紙がよく使われてきたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会よさこい祭り文化高知中央

ページトップへ