2018.07.31 08:35

高知道の対面区間を片側交互通行規制 7/31に土砂崩落対策

 西日本高速道路は30日、西日本豪雨の影響で対面通行となっている高知自動車道・大豊―新宮間の約8キロ区間の一部で、31日に片側交互通行規制を行うと発表した。土砂崩落対策のためだといい、8~9月にも計7日間の交互通行を予定している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会西日本豪雨災害・防災嶺北


ページトップへ