2018.07.30 14:35

豪雨被災したJR予土線8/10再開へ 愛媛・宇和島―高知・窪川間

【参考写真】
【参考写真】
 7月上旬の西日本豪雨で被災し、見合わせが続いているJR予土線(宇和島―窪川間)の運転が、8月10日に再開する見通しとなった。JR四国の半井真司社長が30日午前の記者会見で明らかにした。
 
 愛媛県宇和島市と高知県高岡郡四万十町を結ぶ予土線は、西日本豪雨で四万十市西土佐半家(はげ)の江川崎―半家間など3カ所で土砂が流入。さらに複数箇所で通信ケーブルの断線や踏切の電気系統の故障が発生するなどし、運転再開は「早くても2カ月後」とされ、7月20日から朝、昼、夕の3往復で代替のバス輸送が行われている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会西日本豪雨幡多災害・防災


ページトップへ