2018.07.30 08:32

アマチュア天文家・関さん 高知市のオーテピアで彗星語る

プラネタリウムを見せながら行われた関さんの講演(29日夜、高知市の高知みらい科学館=山下正晃撮影)
プラネタリウムを見せながら行われた関さんの講演(29日夜、高知市の高知みらい科学館=山下正晃撮影)
続ける努力の大切さ
 イケヤ・セキ彗星(すいせい)の発見などで知られる高知市のアマチュア天文家、関勉さん(87)=高知市上町2丁目=が29日、新図書館複合施設「オーテピア」5階の高知みらい科学館(同市追手筋2丁目)で講演した。訪れた約80人が関さんの天文学人生に聞き入った。

 1965年発見のイケヤ・セキ彗星は、同じ時間帯に静岡県の池谷薫さんも発見したため、二人の名前がついていると説明。池谷さんが病気で天体観測を引退する際、観測用の反射鏡を贈られたというエピソードを紹介した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学主要高知中央


ページトップへ