2018.07.30 08:25

高知県の大豊町議が避難所で宿泊迫る 飲酒し押し問答1時間

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市真備町にボランティアとして訪れた高知県長岡郡大豊町議が、飲酒した状態で避難所への宿泊をしつこく迫りトラブルになっていたことが、29日までに分かった。フェイスブックで「囚人のような扱いを受けた」と倉敷市を批判していたことも判明。岩﨑憲郎町長らが26日に現地を訪れて関係者に謝罪した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。



ページトップへ