2016.01.26 11:16

春野の魅力伝えます 高知市で観光ボランティア研修

観光ボランティアたちが春野の歴史などを学んだ研修会(高知市春野町西分)
観光ボランティアたちが春野の歴史などを学んだ研修会(高知市春野町西分)
 NPO法人「土佐観光ガイドボランティア協会」(森岡昭雄会長)は25日、高知市春野町周辺の案内に役立てようと、研修会を開いた。会員たちが史跡や神社を巡り、貴重な観光資源への理解を深めた。

 約130人が高知城や桂浜などの観光地で活動している土佐観光ガイドボランティア協会は、ガイドの参考にするため、高知市内の観光地の地理や歴史をまとめた教本を編集。2015年4月には4冊目として高知市土佐山、鏡、春野町の教本をつくり、各地域で研修をしている。

 春野町の研修には会員37人が参加。野中兼山を慕う住民が江戸時代に建てた「春野神社」や、「山根・石屋敷遺跡址(あと)」などを回った。教本を編集した会員4人が、野中兼山の治水事業や春野町に縄文時代から人が住んでいたことなどについて解説した。

 参加した高知市朝倉丙の安岡彰子さん(76)は「歴史の古さなどをあらためて知った。春野は広いので、ガイドの際はよくよく勉強しないといけない」と話していた。

 ガイドを希望する場合は土佐観光ガイドボランティア協会(088・820・1165)へ。

カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ