2018.07.27 14:40

龍馬パスポート20万人 広島の夫妻「また高知に来たい」

20万人目となり記念のくす玉を割る太田恭介さんと妻の和子さん(27日午前、高知市のJR高知駅南口)
20万人目となり記念のくす玉を割る太田恭介さんと妻の和子さん(27日午前、高知市のJR高知駅南口)
 高知県内の約750の観光施設などで特典を受けられる「龍馬パスポート」の取得者数が27日午前、20万人を突破した。20万人達成を記念するセレモニーが高知市のJR高知駅南口の「こうち旅広場」で行われた。

 20万人目となったのは広島市の会社員、太田恭介さん(52)。妻の和子さん(46)と観光で高知を訪れた。高知に来るのは2人とも初めてで、観光案内所で勧められて龍馬パスポートを取得したという。高知の名産品のセットなどを受け取り「せっかくなら、また高知に遊びに来てパスポートを活用したいです」と笑顔で話した。

 龍馬パスポートは2012年4月から始まった取り組み。取得したスタンプの数に応じて青、赤、ブロンズ、シルバー、ゴールドとパスポートのランクが上がる。本年度は6月末日までに5111人が青パスポートを取得した。(河本真澄)

カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ