2018.07.27 08:32

高知県立歴民館で企画展「絵金を継ぐものたち」 芝居絵屏風など

白描や芝居絵屏風が並ぶ企画展 (高知県立歴史民俗資料館)
白描や芝居絵屏風が並ぶ企画展 (高知県立歴史民俗資料館)
 流れくむ白描40点初公開
 幕末の絵師、金蔵(通称・絵金)とその弟子が描いた芝居絵屏風(びょうぶ)や白描(はくびょう)などを展示する企画展「絵金を継ぐものたち」が、高知県南国市岡豊町の県立歴史民俗資料館で開かれている。9月17日まで。

力士を描いた白描(県立歴史民俗資料館)
力士を描いた白描(県立歴史民俗資料館)
 江戸で狩野派の絵を学んだ絵金の掛け軸や落款集など計60点を展示。歴史民俗資料館が保管する深渕神社(香南市)の芝居絵屏風12点などから、歌舞伎や人形浄瑠璃を題材にした絵金派の世界を探る。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ