2018.07.26 08:20

高知県の大月町に被災者生活再建支援法適用

 内閣府は25日、西日本豪雨で被災した高知県幡多郡大月町に被災者生活再建支援法が適用されたと発表した。適用は10府県66市町村となった。住宅の被害状況などに応じ、都道府県でつくる基金や国から支援金が支給される。

 また、災害救助法は新たに愛媛県八幡浜市が加わり、適用対象は11府県104市町村になったと発表した。国と県が市に代わって避難所の運営などの費用を負担する。

カテゴリー: 社会西日本豪雨幡多災害・防災


ページトップへ