2018.07.26 08:35

高知FDでアメリカ人広報が奮闘 来日4年「夢は大リーグ通訳」

FD公式戦で、観客と会話を交わすエミリー・ポラードさん(高知球場)
FD公式戦で、観客と会話を交わすエミリー・ポラードさん(高知球場)
エミリーさん 教師から転身
 四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグス(FD)で、リーグ初の外国人スタッフとして働く女性がいる。米テキサス州出身のエミリー・ポラードさん(28)。日本語と野球を学びながら「プロ野球、そして米大リーグの通訳」の夢に向け“修業”を続けている。

 「ビールいかがですかー?」「ありがとうございまーす!」

 6月上旬の高知FD公式戦。一塁側の応援席の一角で、エミリーさんが生ビールを売っていた。日本語と英語を交えた観客との会話が弾む。「接客は慣れました。私の日本語? 全然まだまだです…」。苦笑いしながらも、表情は充実感にあふれている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要スポーツFDスポーツ


ページトップへ