2018.07.25 14:13

企画展「維新が変えた庶民のくらし-絵馬や民具から読み解く高知の近代-」

 高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人高知県文化財団)の主催。徳川幕府による政府が終わり、新しい政府が生まれ、人々の生活にも大きな変化が訪れた明治維新から今年で150年目にあたります。本展では、維新によって高知県の人々のくらしが明治初期から大正・昭和初期にかけてどのように変わっていったのかを、絵馬や民具、歴史資料を通して紹介します。
開催日 10月6日~12月9日
場所 高知県立歴史民俗資料館(南国市岡豊町八幡) 3階総合展示室(一部)、1階企画展示室
時間 9時~17時
入場料・参加料 大人(18歳以上)510円、団体(20名以上)410円、
高校生以下と各種手帳所持者は無料
カテゴリー: 見に行く


ページトップへ