2018.07.25 11:34

寅彦先生に学ぶ天災展 天災は忘れられたる頃来る

 高知県立文学館(公益財団法人 高知県立文化財団)の主催。「天災は忘れられたる頃来る」の言葉で知られる物理学者・随筆家の寺田寅彦は、2018年に生誕140年の記念の年を迎えます。「寺田寅彦先生の講義」に見立てて構成される本展覧会は、天災をテーマとし、①寅彦に親しんでもらう、②寅彦のエッセイや研究を知っていただく、③これからの天災に備える、の3点を目的としています。現在にも通じる研究と警句を残した寅彦の研究や随筆を広く知っていただき、改めて今後何が必要なのかを考えていくきっかけとなればと思います。

開催日 9月15日~11月4日
場所 高知県立文学館 2階企画展示室
時間 9時~17時
入場料・参加料 400円(常設展含む)
高校生以下無料、他減免等あり
カテゴリー: 見に行く


ページトップへ