2018.07.25 08:34

37番札所・岩本寺で「霊場ヨガ」 高知県四万十町に移住女性が指導

本坊でヨガを指導するインストラクターの神林香苗さん(四万十町茂串町の岩本寺)
本坊でヨガを指導するインストラクターの神林香苗さん(四万十町茂串町の岩本寺)
 高知県高岡郡四万十町茂串町の四国霊場37番札所・岩本寺で昨夏始まったヨガ教室の人気がじわり拡大中だ。高知県に移住したインストラクターの神林香苗さん(42)=四万十町仁井田=が指導。お遍路さんの読経を聞きながら心身を整える神秘的な雰囲気などが好評で、県内各地から生徒が足を運んでいる。

 神林さんは群馬県出身。仕事中の腰痛を機にヨガを始め、結婚後、本場インドの道場などで本格的に修業を積んだ。2015年、脱サラして「有機のがっこう・土佐自然塾」(土佐郡土佐町)の門をたたいた夫と長岡郡本山町へ。翌年、知人のいる四万十町に根を下ろした。

 本山町在住時から、「子連れヨガ」で子育て世代を教えていた神林さんは、「もっと大勢の人に魅力を伝えたい」と、知名度の高い岩本寺とのコラボを提案。寺側が快諾し、本堂近くの本坊で「寺ヨガ」を始めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会移住高幡社会


ページトップへ