2018.07.24 08:36

第100回全国高校野球高知大会 第7日 高知、高知商が4強進出

きょう休養日
 第100回全国高校野球選手権高知大会第7日は23日、春野球場で準々決勝の残り2試合を行い、第2シードの高知と第3シードの高知商が勝利し、4強が出そろった。
 
 第1試合は高知―岡豊。高知は2―2の六回、西村、辻の連打で1点勝ち越し。七回は3敵失や佐々木の適時打などで3点を奪い、勝負を決めた。岡豊は初回に2点を先制。主戦宇賀は粘り強く投げたが実らなかった。
 
 第2試合の高知商―追手前は、高知商が三回、田嶋、西村の連続適時打で2点先制。五回は北代の本塁打、七回は3安打と暴投などで着実に加点。八回コールド勝ちした。追手前は西原が2打点。バックは無失策だった。
 
 24日は休養日。25日に明徳義塾―土佐、高知―高知商の準決勝2試合、26日に決勝をいずれも同球場で行う。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ