2018.07.21 08:22

高知県安芸市出身の宇宙物理学者・須藤靖さんが新刊2冊

高知新聞連載をまとめた「この空のかなた」と、ユーモアと皮肉がさく裂する「情けは宇宙のためならず」
高知新聞連載をまとめた「この空のかなた」と、ユーモアと皮肉がさく裂する「情けは宇宙のためならず」
「この空のかなた」「情けは宇宙のためならず」
 宇宙物理学者の須藤靖さんは高知県の安芸市で生まれ育った。中学生のころは吹奏楽部。部活を終えた帰り道、自転車をこぎながら見た美しい冬の星空をよく覚えているそうだ。だが、天文学に関心があったわけではなく、物理学を学ぶうちに気付いたら宇宙研究の分野に進んでいたとかで、星の名や場所、星座は今も分からないらしい。

 そんな須藤さんの新刊が2冊出た。1冊は「この空のかなた」(亜紀書房、1836円)。2016年から続く高知新聞の連載(毎月第2土曜)のうち22回分をまとめている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学安芸高知中央


ページトップへ