2018.07.21 08:32

「絵金派」もっと身近に 高知県香南市のアクトランド展示

絵金の代表的な弟子、河田小龍らの作が楽しめるアクトランドの「絵金派アートギャラリー」(香南市野市町大谷)
絵金の代表的な弟子、河田小龍らの作が楽しめるアクトランドの「絵金派アートギャラリー」(香南市野市町大谷)
小龍らの作品新たに、展示リニューアル
 「絵金」こと幕末の絵師・金蔵やその弟子らの作品が楽しめる高知市香南市の創造広場「アクトランド」内にある「絵金派アートギャラリー」がこのほど、展示をリニューアルした。絵金の弟子、河田小龍(しょうりょう)の掛け軸などを追加し、絵金派を構成する絵師の説明も充実させた。

 絵金派アートギャラリーはアクトランドがオープンした2015年に開館。絵金やその弟子らが描いた「絵金派」の芝居絵や美人図、風俗画などを展示してきた。

 開館3年を迎え、横田恵学芸員が「高知の文化である絵金派が、いかに幅広いものか知って、身近に感じてもらいたい」と展示の一部リニューアルに乗り出した。

 新たに小龍や絵金の師の掛け軸がお目見え。絵金歌舞伎の映像を流し、ギャラリー入り口では絵金派の絵師や、芝居絵屏風(びょうぶ)を飾る県内の祭礼を紹介している。

 所蔵していた絵金作品の展示も増やした。横田学芸員は「今後もバラエティー豊かな作品を紹介していきたい。絵金祭りや絵金歌舞伎とともに楽しんでもらえたら」と話している。

 9月30日までは土佐絵金歌舞伎伝承会の協力で、絵金歌舞伎で使用されている衣装やかつらも展示している。

 午前10時~午後6時。観覧料は一般千円、小学生~高校生500円。問い合わせはアクトランド(0887・56・1501)へ。(村中澄怜)

カテゴリー: 主要文化・芸能香長


ページトップへ