2018.07.20 08:36

高知県室戸市の国道55号陥没 波浸食か、路面下の土砂流出

国道が陥没した現場。海岸側の車線に大きな穴が開いた(19日午後4時40分ごろ、室戸市羽根町)
国道が陥没した現場。海岸側の車線に大きな穴が開いた(19日午後4時40分ごろ、室戸市羽根町)
 7月19日午後1時ごろ、高知県室戸市羽根町の国道55号で「路面が沈下している」との連絡が、通り掛かったドライバーから国土交通省土佐国道事務所にあった。その後、路面が陥没し始め、長さ約2メートル、幅約1・5メートル、深さ約1・5メートルの穴が開いた。人や車の被害はない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会室戸


ページトップへ