2018.07.19 08:30

[ふれあい高新in越知町] スポーツ吹き矢楽しい! 50人が体験

スポーツ吹き矢に挑戦する子どもら(越知町越知甲)
スポーツ吹き矢に挑戦する子どもら(越知町越知甲)
 シュッ、とすっ。吹き矢を的に当てる競技「スポーツ吹き矢」の体験イベントが18日夜、高知県高岡郡越知町越知甲の町民会館で行われた。約50人が参加し、小気味よく響く命中音を堪能した。

 スポーツ吹き矢は、長さ1・2メートルの筒から長さ20センチのプラスチック製の矢を吹き、6~10メートル先の的に当てる競技。「ふれあい高新in越知町」に合わせて開かれ、町内の愛好家らでつくる「スポーツ吹矢越知支部」(北川実美代表)のメンバーらが指導に当たった。

 体験に先立ち、地域おこし協力隊員によるストレッチ体験も行われた。会場にいた町のマスコットキャラクター「よコジロー」も短い手足を懸命に動かし、参加者は身も心も癒やされていた。

 その後、同支部メンバーから筒の構え方や所作の心得などを教わった参加者は、的当てに挑戦。参加者は「惜しい、もうちょっと」「結構難しいね」と声を掛け合いながら楽しんでいた。

 参加した越知小5年の前田充裕君(10)は「動く的に当てるのは難しかったけど、成功したら気持ち良かった」と笑顔で話していた。(森田千尋)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会ふれあい高新2018社会高吾北


ページトップへ