2018.07.18 08:00

【熱中症】油断せず予防策を取ろう

 日本列島が猛烈な暑さに見舞われている。
 きのうも全国の149観測点が35度以上を記録する猛暑日となった。猛暑日の100地点超えはこれで4日連続となる。岐阜県では4日連続で38度を超えた地点もあり、豪雨に続く異常な天候というしかない。
 この影響で熱中症とみられる症状で連日、多くの人が救急搬送されている。亡くなる人も相次ぎ、きのうは愛知県豊田市で小学1年生が死亡した。
 不明者の捜索や懸命の復旧作業が続く豪雨の被災地でも、被災者や災害ボランティアらが救急搬送されている。
 気象庁によると、東日本から西日本にかけての広い範囲が2層の高気圧に覆われている。暑さは当分続くという。水分補給や体調管理などの熱中症対策を徹底したい。
 大切なことは、夏は暑いものだと油断せず、予防策をしっかりと取ることだろう。
 熱中症は、汗によって体内の水分や塩分が不足し、血流が悪くなって体に熱がたまることで起きる。
 帽子をかぶったり、水分をこまめに取ったり、不必要な日中の外出を避けるなどの対策が欠かせない。十分な睡眠や休憩、栄養を取ることも忘れてはならない。
 梅雨明け後は体が気温の上昇に慣れておらず、特に熱中症になりやすいという。まさにこの時季だ。しかも今年は猛暑が続いており、例年以上に警戒が要る。
 自覚症状には頭痛やめまい、吐き気などがある。全く汗が出なくなったり、体が高熱になったりしたら危険サインだ。
 初期段階では涼しい場所に移動して、水分や塩分を取れば回復する場合があるが、症状が重い場合は医療機関への搬送を急ぎたい。
 体温調整機能が不足している高齢者や子どもは特に要注意だ。高齢者は室内での発症にも警戒してほしい。家の中でも、冷房をかけず、水分もあまり取っていないと熱中症になりやすいからだ。
 かつては35度を超えるような高温はめったになかったが、最近は珍しくなくなった。熱帯夜も長く続く傾向にある。
 夏の異変は厚生労働省の統計からも分かる。熱中症による死亡者数は1993年以前は年平均67人だったが、94年以降の平均は492人に激増している。
 多くを高齢者が占めるが、若い世代がスポーツ中に亡くなる例も後を絶たない。夏休みはクラブ活動などが盛んになる。
 日本スポーツ協会は熱中症予防のための運動指針を策定しており、「運動を原則中止」「厳重警戒」するなどの気温や湿度の指数を打ち出している。厳守してほしい。
 記録的な猛暑となった2010年の死亡者は過去最多の1745人に達している。もはや暑さによる「災害」といってよい。十分な備えという防災の基本を徹底したい。
カテゴリー: 社説


ページトップへ