2016.01.23 14:06

高知県東洋町が漁協へ1千万円融資は合理的 最高裁が審理差戻し

 高知県安芸郡東洋町による野根漁協への貸付金1千万円をめぐり、町内の男性が「違法な支出」として、松延宏幸町長ら幹部が全額を東洋町に弁済するように求めた訴訟の上告審判決が22日、最高裁第2小法廷で言い渡された。融資は違法であるとして町長に1千万円の支払いを命じた二審高松高裁判決に対し、千葉勝美裁判長は「貸し付け手続きは合理的だった」と指摘。高松高裁の判断には「明らかな法令違反がある」として破棄し、審理を同高裁に差し戻した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

カテゴリー: 社会


ページトップへ