2018.07.18 08:34

土佐市民病院に発達障害外来 高知県内市町立病院で初

【参考写真】土佐市民病院(2012年08月29日撮影)
【参考写真】土佐市民病院(2012年08月29日撮影)
 土佐市民病院(高知県土佐市高岡町甲)は20日、小児科に自閉症やアスペルガー症候群など発達障害の専門外来を開設する。週に1回、高知大学医学部付属病院の脇口明子医師(65)が診察を担当する。県内の市町立病院では、発達障害専門外来の設置は初めて。

 土佐市教育委員会によると、昨年12月現在で、市内の全小中学校の児童生徒約1750人中、73人が発達障害と診断され、112人に発達障害の可能性があるとみられている。

 以前から、土佐市民病院への専門外来設置を要望する声があり、脇口医師の同意を得られたことから、6月下旬に開設を決めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ