2018.07.17 08:35

泥かぶりハッスル! 水田で泥んこスポーツ大会 高知県南国市

泥だらけでユニーク競技を楽しんだスポーツ大会(南国市下末松)
泥だらけでユニーク競技を楽しんだスポーツ大会(南国市下末松)
 高知県南国市下末松の水田で7月15日、JA長岡青壮年部(竹内鉄也部長)主催の第11回泥んこスポーツ大会が開かれ、12チーム約110人が猛暑の中、ハッスルプレーを披露した。

 約千平方メートルの田に水が張られ、各チームはおそろいのTシャツなどを着て集合。よろけたり、豪快に転倒したりしながら、玉入れや綱引き、長い竹を5人で抱えてのレースなど9種目を楽しんだ。

 泥だらけになった参加者は会場脇に設置された簡易プールにざぶんとつかり、「気持ちいー」。泥を落としては再び、水田での競技に挑んでいった。

 5歳の息子らと参加した高知市内の山下慎二さん(40)は「子どもが転んでも安全だし、大人も思いきり遊べる」。同市内から初参加の浜田聡子さん(41)も「泥はサラッとしてるけど、やっぱり歩きにくい。でも最高の経験です」と笑っていた。(大山哲也)

カテゴリー: 社会香長


ページトップへ