2018.07.10 07:49

移動高知新聞「ふれあい高新2018 in 越知町」 7/17~21

自然と歴史 魅力の越知へ
 多彩なイベントや集中的な話題発信で地域を盛り上げる高知新聞の恒例事業「移動高知新聞 ふれあい高新」。今年は高岡郡越知町を会場に、7月17~21日の5日間。越知町の自然とアクティビティー、そして歴史ロマンの魅力をお届けします。この夏、あなたはきっと越知に行きたくなる―。

【報道写真展】【ふれあい文化祭】
 7月17日(火)~21(土)会場:越知町民会館(午前9時~午後5時)
 書道や絵画など町民の力作展示のほか、越知町に関する写真が並びます。

【横倉山トレッキング】
 7月18日(水)10時から約4時間 集合場所:越知町観光物産館 おち駅
 申込みは終了しました。越知町観光協会が同様のガイドツアーを行っています。紙面でも見どころを紹介する予定。

【吹き矢体験会】
 7月18日(水)会場:越知町民会館(18時~21時)
 当日参加可。スポーツ吹き矢は初心者でも6メートルほど離れた的に当てることができるそうです。爽快感が得られると同時に、無の境地になれるのも魅力。

【宮の前公演将棋大会】
 7月19日(木)会場:宮の前公演(午前10時~午後3時)※荒天時は越知町民会館
 特別ゲストは藤井聡太七段の師匠、杉本昌隆七段。対局指導や解説のほか、午前11時ごろからはミニトークショーも。大会参加は事前申込制、観戦やトークショー参加は自由。

【健康づくり体操】
 7月20日(金)会場:越知町保健福祉センター(午前11時~午後3時)
 越知町のオリジナル体操「きたえん坊将軍・おいしん坊将軍」をはじめとする健康イベント。「ふれあい高新」を機に考案された「新聞紙体操」の講師も安芸郡東洋町から参加。

【アウトドア・サウナ】
 7月21日(土)会場:スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド(午前10時~午後3時)※定員80人で事前申込制
 河原にテント型のサウナを設置し、たっぷり汗をかいた後に仁淀川で冷水浴を楽しむという趣向。新しいアウトドアスタイルとして近年注目されています。

【みんなで踊ろう!よコジローダンス】
 7月21日(土)会場:サンプラザ越知店駐車場(文殊まつり会場)(午後4~5時)※当日参加可。
 越知町のイメージキャラクター「よコジロー」と子どもや町民による総踊りで盛り上がりましょう。

【移動編集局】
 7月17日(火)~21(土)会場:「SHOPおちぞね」
記者が地域の多彩な話題を掘り起こし、集中的に発信します。

イベントなどの問い合わせは高知新聞企業事業企画部(088・825・4328=平日午前9時半~午後5時半)まで。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会ふれあい高新2018社会


ページトップへ