2018.07.17 08:40

高知県大月町が復旧作業ボランティア募集 7月中の水、土曜活動

 西日本豪雨で土砂崩れや浸水などの被害を受けた高知県幡多郡大月町の社会福祉協議会は、7月中の水、土曜に民家の復旧作業を行うボランティアを受け付ける。16日に町災害ボランティアセンターは閉所したが、手が回らなかった所もあるための措置で、登録を呼び掛けている。
 
 同センターは6日間で延べ505人が、90件の要請に対応。ただ、被害の大きかった橘浦や安満地などでは、家財の移動や泥の除去などが終わっていない所が残っている。
 
 活動日は18、21、25、28日で、活動時間は午前9時半~午後3時半。1日だけの参加も可能。希望者は前日の午後3時までに同社協(0880・73・1119)へ登録する。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会西日本豪雨幡多災害・防災


ページトップへ