2018.07.17 08:40

家族連れら500人が音楽満喫 高知市種崎で海びらきフェス

海水浴客らが生演奏を楽しんだ海びらきフェスティバル(高知市種崎)
海水浴客らが生演奏を楽しんだ海びらきフェスティバル(高知市種崎)
 「海の日」の16日、高知市種崎の種崎千松公園で「海びらきフェスティバル&防災夕涼み会」が開かれ、種崎海水浴場を訪れた家族連れら約500人が、海風に吹かれながらラテンやジャズの無料コンサートなどを楽しんだ。

 種崎地区町内会連合会が2年前から始めた音楽フェスと、毎年8月の防災夕涼み会を今年から同時開催することになった。

 コンサートには、同公園を音楽で盛り上げたい、と願いつつ、昨年5月に亡くなったラテンパーカッション奏者、イコ・ショージさん=本名・東海林喬=をしのび、親しい音楽家らが集まった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会高知中央


ページトップへ