2018.07.15 08:35

高知FDの選手が安芸市被災地で復旧支援ボランティア

民家の床下に流れ込んだ土砂を運び出す高知FDの選手たち(安芸市栃ノ木)
民家の床下に流れ込んだ土砂を運び出す高知FDの選手たち(安芸市栃ノ木)
 四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグス(FD)の選手らが14日、西日本豪雨で浸水被害を受けた安芸市でボランティア活動を行い、民家に流れ込んだ土砂の除去などに汗を流した。

 高知FDの選手、コーチら39人は、安芸川の氾濫で被害を受けた栃ノ木地区などを訪問。猛暑の中、住宅の床下に流れ込み、たまっていた土砂をスコップでかき出した。バケツに入れて屋外へ出し、土のうに詰めて、次々と運び出していった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ社会FD安芸スポーツ


ページトップへ