2018.07.14 14:40

よさこい美容事情に迫る 高知県土佐市の化粧用品企画「三彩」

炎天下対策の市場調査
よさこいの美容事情について化粧品店にヒアリングする「三彩」の社員=右(高知市内)
よさこいの美容事情について化粧品店にヒアリングする「三彩」の社員=右(高知市内)
 化粧品シートなど不織布製品の企画販売を手掛ける「三彩(さんさい)」(土佐市北地)が、よさこい祭りに関する美容事情のリサーチを進めている。踊り子約300人らの調査を通じて市場規模や売れ筋商品、肌トラブルの実情など幅広い観点から迫っており、「踊り子さんや関係業界の皆さんの役に立てれば」としている。

 炎天下で踊るよさこい祭りを巡っては、メークやスキンケアなど独自の美容市場やトレンドがあるとされるが、客観的なデータはない。「頑張る女性の応援」を掲げる同社は、「調査結果を踊り子や業界に還元しよう」と5月、社内に「よさこい美容調査委員会」を立ち上げた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ