2018.07.14 14:35

絵本彩る横山隆一の作品展が開幕 高知市の「まんが館」

1970年代の挿絵原画も初公開
初公開原画の一つ、絵本「かぼすけのふんすい」(1974年)
初公開原画の一つ、絵本「かぼすけのふんすい」(1974年)
 高知市出身の漫画家、故横山隆一さん(1909~2001年)が手掛けた絵本の世界を紹介する「ゆかいな隆一えほん展」が14日、同市九反田の横山隆一記念まんが館で始まった。横山さんの家族が今年2月、同市に寄贈した1970年代の原画を初公開。多彩な作風やユーモアを味わえる。9月24日まで。

 横山さんは漫画「フクちゃん」で有名だが、絵本の挿絵も多く手掛けた。昨秋、絵本原画314点が学研ホールディングスに残っていることが分かり、同社が家族に返却。今年2月、長男の隆雄さん(東京都)がその全原画を含む所蔵品計約760点を高知市に寄贈した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会文化・芸能高知中央


ページトップへ