2018.07.13 14:40

高知自動車道・大豊―川之江東間 7日ぶり再開 8キロ対面通行に

7日ぶりに通行止めが解除され、車が通り始めた高知自動車道・大豊―川之江東間(13日午前11時40分ごろ、大豊町立川上名=森本敦士撮影)
7日ぶりに通行止めが解除され、車が通り始めた高知自動車道・大豊―川之江東間(13日午前11時40分ごろ、大豊町立川上名=森本敦士撮影)
 記録的な大雨による土砂崩れで橋が押し流されるなどし、通行止めが続いていた高知自動車道・大豊―川之江東間(26・9キロ)が7月13日午前11時から、約7日ぶりに通行できるようになった。約8キロの区間は片側1車線の対面通行とし、周辺は時速50キロ規制となる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会西日本豪雨災害・防災


ページトップへ