2018.07.13 08:35

高知県の安芸高校野球部 豪雨でグラウンド水没

急きょ借りた安芸球場での練習に臨む安芸高野球部員
急きょ借りた安芸球場での練習に臨む安芸高野球部員
球場借り、調整急ピッチ
 西日本豪雨による河川の氾濫で、高知県安芸市の安芸高校野球部が使用する安芸川沿いの専用グラウンドが水没した。14日からの全国高校野球選手権高知大会を前に練習場が使用不能となり、用具も泥をかぶる被害を受けた。思うような練習ができないままだが、選手たちは困難に負けず、初戦突破に向けて気持ちを高めている。

泥や流木が押し寄せ、使用不能になったグラウンド(安芸市川北甲)
泥や流木が押し寄せ、使用不能になったグラウンド(安芸市川北甲)
 安芸高校によると、川北甲の河川敷にあるグラウンドは、6日にかけての大雨で水没。約30センチも泥が積もった部分もあるほか、流木などのごみが押し寄せたままとなっている。部室に置いていた練習用のボールやバットのほか、グラブなどが水に漬かった選手もいる。

 水が引いた6日午後になって門田賢拓監督らが、用具などを回収したが、グラウンドは使用できる状態ではない。5日までの2週間はテスト期間で、練習時間も1時間ほどしかなかった上、8日に予定していた練習試合も中止せざるを得なくなった。

 バッティングなど本格的な練習が再開できたのは10日。グラウンドが使えないため、11人の部員は安芸桜ケ丘高や安芸球場を借りて、調整を急ピッチで進めている。

 「自然の災害なので、こればっかりは仕方ないと気持ちを切り替えて、15日の初戦に向けて今できることをやろうと話し合っている」と話す3年の谷井貫太主将(17)。“最後の夏”へ、「気持ちを高めて、しっかりとした戦いを見せたい」と力を込めた。(岡林知永)

関連記事

もっと見る



ページトップへ