2018.07.13 08:00

【参院6増案可決】新たな弥縫策の強行だ

 本質的な議論はまた先送りされた。来夏の参院選は新たな弥縫(びほう)策の下で実施されることになる。
 参院の選挙制度改革は「徳島・高知」の合区解消問題が絡み、高知県民も関心が高い。しかし自民党が唐突に提出した公選法改正案が、参院委員会でのわずか3日の審議で採決が強行され、可決された。
 自民案は合区の解消はせず、継続する内容だ。
 「1票の格差」是正のため埼玉選挙区を2増。比例代表は4増して、現行の非拘束名簿式を基本としつつ、政党が事前に当選順を決める拘束名簿式を一部に導入する。
 自民党は候補者を出せなかった合区対象県の救済策として、特定枠の上位で代表を処遇する狙いだ。
 ただし、自民案はその場しのぎそのものであり、「党利党略」「お手盛り」の批判は免れまい。
 まず特定枠を使わない野党勢が合区選挙区で当選した場合など各県からの議員選出は保障されていない。地域ではなく自民現職の救済策にすり替わっているという指摘がある。
 沖縄の本土復帰時を除くと、戦後初めてになる参院の定数増にも疑問が大きい。
 チェック機能強化や合区解消のための定数増は一概には否定しない。しかし、安倍政権は消費税増税に伴う「身を切る改革」を前提に発足した政権である。定数増に見合った歳費削減がセットでなければ「身を切る」ことにはなるまい。政権発足の正当性すら問われよう。
 共同通信の世論調査では、自民案に賛成が19・5%、反対は59・9%だった。安易な定数増が国民の理解を得られるはずもない。
 合区の導入を決めた2015年の改正公選法では、付則に19年の参院選までに「抜本的見直しについて必ず結論を得る」と明記された。
 時間がありながら抜本改革の議論に至らなかったのは、与野党を問わず政治の怠慢というほかない。
 自民党は憲法改正による合区解消を主張し続け、改憲4項目に盛り込んだ。しかし他党は改憲を絡めることに反発が強く、4項目の中でも実現は難しいという見方は強かった。唐突に別の腹案を出し、延長国会で審議を急いだ姿勢は誠実さを欠くと言わざるを得ない。
 「1票の格差」を是正しながら、人口の少ない地域の声を国政に反映させる制度改正は、互いに相反する難しい課題である。
 だからこそ、衆院との役割分担や、憲法上の「全国民の代表」という位置付けと「地域代表」にする整合性などを丁寧に説き起こす作業が必要ではないか。
 都市部と地方の人口格差は今後も拡大するだろう。合区自体が緊急避難的措置とされた弥縫策だが、本質的な議論を欠けば今後も小手先の数合わせが続くことになる。
 選挙制度は民主主義の土台である。幅広い合意なしに数の力で決める性質ではない。「良識の府」ならば議論を仕切り直すべきだ。
カテゴリー: 社説


ページトップへ