2018.07.12 14:33

JR四国管内の豪雨被害3路線18カ所 土砂流入など予讃線深刻

 JR四国の管内では、12日午前11時現在、線路へ土砂が流入したり、斜面が崩壊したりするなど3路線で計18カ所の被害のほか、通信ケーブルの断線や踏切の故障といった多数の鉄道施設の損傷が確認されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

カテゴリー: 社会西日本豪雨幡多高幡災害・防災


ページトップへ