2018.07.11 08:25

豪雨被害 四国電力が電気料支払期日を延長 高知県17市町村

 四国電力は9日、西日本豪雨で災害救助法が適用された高知、愛媛両県の12市町村とその隣接市町村を対象に、電気料金の支払いなどで特別措置を行うと発表した。
 
 高知県の対象地域は安芸市、香美市、香南市、南国市、四万十市、宿毛市、土佐清水市、安芸郡安田町、芸西村、馬路村、長岡郡大豊町、本山町、土佐郡土佐町、高岡郡梼原町、四万十町、幡多郡大月町、三原村の17市町村。
 
 被災者から申し入れがあれば、6~8月分(災害救助法適用日以降)の支払期日を1カ月延長▽被災時から電気を使用していない場合は、今後6カ月間の基本料金を免除▽被災家屋を再建する際、来年1月末までに臨時電灯などを申し込んだ場合、臨時工事費を免除―などの措置を取る。(井上学)


ページトップへ