2018.07.08 15:00

高知県西部の大雨特別警報解除

高知県提供

 高知県西部の6市町村に8日早朝から、県内で初めて出されていた大雨特別警報は、同日午後2時50分に解除された。

 また、高知自動車道は橋梁(きょうりょう)の崩落現場を含む大豊―川之江東間を除く区間と、国道32号の全区間の通行止めがいずれも同日午後1時45分までに解除された。県によると、高知―高松西間は国道32号と徳島自動車道(井川池田―川之江東)経由で迂回すれば、約2時間20分で通行できるという。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会西日本豪雨災害・防災


ページトップへ