2018.07.08 08:00

小社会 古事記に記された出雲神話のヤマタノオロチの姿は…

 古事記に記された出雲神話のヤマタノオロチの姿は恐ろしい。赤く大きな目。一つの胴体に八つの頭と八つの尾がある。長さは八つの谷を渡り、八つの山を越えるほど。その腹はいつも血がにじんでただれている。

 オロチの正体は、古代から氾濫を繰り返してきた斐伊(ひい)川とも言われる。奥出雲はたたら製鉄の本拠地。製鉄に必要な木炭にするため、山の木々を大量に伐採したことから洪水が起きやすくなったとされる。鉄の原料となる砂鉄を取るときには、川が赤く濁ったという。

 西日本を襲った記録的大雨。中国地方など被災地では、あふれた河川がオロチのように大地をのたうち住宅をのみこんだ。死者、行方不明者は多数。被害はどれだけ広がるのか。原因は列島に重なるように居座った梅雨前線。こちらも天上の竜に似て不気味に見えた。

 県内でも浸水や道路崩落、土砂崩れが相次ぎ、避難する人も出ている。大豊町内の高知自動車道では、橋が山腹からの土砂に押し流された。暴れ梅雨のすさまじさを思い知らされる。現場で人的被害がないようなのは幸いだが、物流にどれほど影響が出ることだろう。

 県都の広範囲が「水没」した’98高知豪雨から今年で20年。記憶が薄れかけ始めているとしたら、防災の原則をいま一度思い起こしたい。異変、危険を感じたら早め早めの行動を。

 命を守るための準備はいくらやっても、やり過ぎということはない。


7月8日のこよみ。
旧暦の5月25日に当たります。かのと うし 八白 大安。
日の出は5時02分、日の入りは19時19分。
月の出は0時52分、月の入りは13時59分、月齢は24.3です。
潮は長潮で、満潮は高知港標準で0時54分、潮位163センチと、13時59分、潮位145センチです。
干潮は7時42分、潮位69センチと、19時34分、潮位93センチです。

7月9日のこよみ。
旧暦の5月26日に当たります。みずのえ とら 七赤 赤口。
日の出は5時03分、日の入りは19時19分。
月の出は1時29分、月の入りは15時03分、月齢は25.3です。
潮は若潮で、満潮は高知港標準で1時52分、潮位167センチと、15時18分、潮位157センチです。
干潮は8時43分、潮位53センチと、20時49分、潮位97センチです。

7月10日のこよみ。
旧暦の5月27日に当たります。みずのと う 六白 先勝。
日の出は5時04分、日の入りは19時19分。
月の出は2時11分、月の入りは16時09分、月齢は26.3です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で2時48分、潮位174センチと、16時22分、潮位170センチです。
干潮は9時38分、潮位35センチと、21時54分、潮位97センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ