2018.07.07 14:40

高知県内全域で固定電話が通信障害 119番通報できず

大雨の影響で約6メートルにわたって崩落した県道(7日午前9時ごろ、香南市夜須町細川)
大雨の影響で約6メートルにわたって崩落した県道(7日午前9時ごろ、香南市夜須町細川)
 高知県内全域で7日朝から大雨の影響とみられる固定電話の通信障害が発生した。119番通報もできなくなり、一部の消防本部では携帯電話からかけるよう防災行政無線で周知した。市町村役場の通信にも支障が生じ、防災対応に影響が出た。NTT西日本によると、高知県内の通信設備に何らかのトラブルが発生したとみて原因を調査しているが、復旧のめどは立っていない。

 安芸市災害対策本部がある市消防防災センターでは午前8時前から、固定電話やインターネット回線が使えなくなった。約1キロ離れた市役所でもネット回線が使えなくなり、担当職員に困惑が広がった。高知市役所でも一時、外部と固定電話がつながらない状態になり、職員は「市民から電話が受けられなくなり、困った」と話した。

 県庁の本庁舎では電話回線に影響はなかったが、防災情報のホームページで河川の水位情報などが見られなくなった。市町村もここから情報を得ており、県は国土交通省のページで情報収集するよう通知。警戒水位を超えた市町村に対しては、県の土木事務所から連絡する体制を取った。(高知新聞取材班)



カテゴリー: 社会安芸


ページトップへ