2018.07.03 08:35

パチンコ「浜幸」負債40億円で破産へ 平成では高知県で最大規模

1日で閉店した浜幸の「パッソ朝倉」(2日午後、高知市朝倉甲)
1日で閉店した浜幸の「パッソ朝倉」(2日午後、高知市朝倉甲)
 高知市を中心にパチンコ店を経営していた「浜幸」(高知市和泉町、浜田幸広社長)グループが7月2日、営業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが分かった。帝国データバンク、東京商工リサーチの両高知支店によると、負債総額は浜幸の約25億円のほか、ホール運営や周辺業務などを担うグループ企業3社を含めて計約40億円。平成元(1989)年以降、県内では最大規模の経営破綻とみられる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ