2018.07.01 08:35

夏の高校野球高知大会、組み合わせ決定 明徳を追うシード3校

 第100回全国高校野球選手権高知大会の組み合わせ抽選会が30日、高知工高で開かれ、別表の通り決まった。連合2チームを含む31校28チームが甲子園出場を争う。

 大会は休養日を除いて9日間。開会式は7月14日午前8時半から春野球場で行う。1回戦12試合は春野、高知両球場で、2回戦以降は全て春野球場で実施。25日に準決勝、26日午後1時から決勝を行う。17、18、19、24日は休養日。

 抽選会には各チームの主将、部長らが出席。明徳義塾、高知、高知商、土佐のシード4校が指定位置に入り、残り24チームの主将が予備抽選順にくじを引いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ