2018.06.30 14:35

民間ロケット落下爆発 高知工科大開発の実験装置搭載 北海道

打ち上げ直後に落下、炎上する小型ロケットMOMO2号機(30日午前、北海道大樹町)
打ち上げ直後に落下、炎上する小型ロケットMOMO2号機(30日午前、北海道大樹町)
 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午前5時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を同町の実験場から打ち上げたが、直後に機体は推進力を失い、そのまま下部から落下して爆発、炎上した。けが人はいなかった。このロケットには高知工科大学が開発した、空気の薄い空間で音の伝わり方を実験する装置が搭載されていた。

高知工科大関係者も落胆...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会環境・科学香長


ページトップへ