2018.06.29 08:35

障害者の技能知って 6/30「アビリンピック高知大会」

 障害のある人が職場や学校で培った技能を競う「アビリンピック高知大会」が30日、高知市桟橋通4丁目のポリテクセンター高知で開かれる。主催の「高齢・障害・求職者雇用支援機構」高知支部の担当者は「一般企業の方に障害のある人の高いスキルを見てもらい、将来の就職につながれば」と来場を呼び掛けている。

 障害者の雇用促進などを目的に毎年、全国で大会が開かれている。「ワード・プロセッサ」「ビルクリーニング」「喫茶サービス」など7種目に、知的・身体・精神障害者計65人が参加する。

 参加者は、特別支援学校の生徒や就労継続支援事業所で働く人らで、今後、一般企業への就職を希望する人もいるという。

 午前9時からで、入場無料。問い合わせは「高齢・障害・求職者雇用支援機構」高知支部(088・837・1160)へ。

カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ