2018.06.28 14:35

高知市の花火大会入場券、セブンで“販売” 来月2日から

【参考写真】高知市の花火大会
【参考写真】高知市の花火大会
 8月9日に鏡川河畔で開かれる第68回高知市納涼花火大会について主催の市観光協会は、2千枚の入場券をコンビニで事前発券して観覧スペースを割り振ることにした。発券には1枚当たり108円の手数料が必要。7月2日から全国のセブン―イレブンで“購入”できる。8月8日まで。

 対象エリアは、花火を間近で見られる鏡川河畔の「みどりの広場」。以前は観覧に制約がなかったこともあり、同広場付近は多くの人で混雑し、何日も前からブルーシートを張るなど場所取りも過熱。同協会は対策として2005年から花火当日に入場券を配布するようにした。

 場所取り競争や混雑の緩和にある程度の効果はあったが、今度は早朝から入場券の配布を待つ行列ができるように。炎天下に長時間待つケースもあり、熱中症の症状を訴える人が出ていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会文化・芸能高知中央


ページトップへ