2018.06.28 08:35

香南市が「こどもよさこい」応援 ふるさと納税で目標500万円

練習に励む「香南市こどもよさこい連合会」の子どもたち(香南市野市町西野の野市小)
練習に励む「香南市こどもよさこい連合会」の子どもたち(香南市野市町西野の野市小)
衣装や鳴子新調へ
 結成10年を今年迎えた「香南市こどもよさこい連合会」の衣装などをリニューアルしようと、運営する高知県香南市が、ふるさと納税制度を活用した資金集め「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)を始めた。市内からも寄付できるのが特徴で、寄付500万円を目指す。

 同連合会は2008年、旧町村や学校の垣根を越えて子どもたちに一体感を持ってもらおうと結成。市内の4~6年生が対象で、今年も踊り子98人が練習に汗を流している。

 香南市はふるさと納税事業に力を入れ、昨年度1万4230人(前年度比約8・6倍)が、計1億8877万円(同約4・5倍)を寄付した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会香長


ページトップへ